SAMPLE KIDS CLUB

コースのご案内

1歳~小学校まで

初めて音楽に触れる小さなお子様のためのコースです
4歳までのお子様は、体を動かせたりお歌を歌ったり、リトミックを中心にしたレッスンです。この頃の子どもさんは、興味のあることや得意なことが人それぞれです。そのお子さんの興味を引く要素を使いながら、音感やリズム感を養い、音楽を楽しむ心やピアノを弾くための基礎力をつけていきます。
4歳ころから楽譜を読んだり、ピアノを弾くことを少しずつ増やしていきます。

小学生のコース

<初めてのお子さま>
小学生になると色々なことに理解力ができてくるので、音楽の基礎となる読譜力、音感、リズム感など基礎力を付けながら、楽しみになるような曲や、教材を使ってレッスンを進めていきます。はじめは分からない事もたくさん出てくると思いますが、お子さまの身に付くまで何度も一緒に練習しながら進めていきます。 特に新しい曲は、お子さまご本人が自分で練習できるまで、一緒に譜読みをして理解できるところまで教室でご指導させて頂きます。
<経験のあるお子さま>
現在お使いの教材を出来るだけ使いながらレッスンを進めていきます。ご相談により新しい教材を使うこともあります。
低学年の間は基礎力を付けるためのレッスンが基本ですが、併用曲はできるだけ楽しく弾けるよう、練習が楽しくなるような選曲を心がけています。
中学年になると弾くことにも少し慣れてこられるので、腕や体を使って、より弾きやすく良い音が出せるような弾き方もお伝えしていきます。
高学年になるとさらに音楽性や表現力を付けるために、その曲の持つ特徴や、作曲家のお話など交えつつ、ただ音を出すだけでなく、美しい音や楽しい音、悲しい音など、曲によって表現の幅を広げる演奏ができるようなレッスンをしていきます。

中学生・高校生のコース

基礎力や表現力が身に付いてくる 中学校や高校生になれば部活や定期テスト、受験勉強などでピアノを練習する時間を確保するのが難しくなります。ピアノをやめてしまわれる理由が「忙しくてピアノを弾く時間がない」ということなのです。それぞれのお考えがあるので、一概には言えませんが、弾く時間がある時は楽しめる曲を弾いたり、時間がない時はお家での練習できなくてもレッスンに来ていただくだけで、少しずつ上達しておられる方もたくさんいらっしゃいます。小学生の時に培った基礎力があれば少ない練習でも弾けるようになる練習方法があります。もちろん練習はするに越したことはないのですが、時間がないことだけでピアノをやめてしまうよりは、最小の時間で忙しい時期を乗り越えることで、もっと多くの素晴らしい曲に触れ、ピアノを弾く喜びを味わってもらいたいと思っています。
お一人お一人に合わせ、サポートしながらレッスンを進めていければと考えています。

大人のコース

大人の方にはご希望に沿ったレッスンをさせて頂いてます。基本をしっかりやりたい方、お好きな曲だけ弾きたい方、特にご希望ががない方には、こちらからお薦めのものをご提案させて頂き、ご相談しながらレッスンを進めていきます。

大人のはじめてコース

まずは楽譜の読み方、音楽の基礎知識をお伝えします。分かりやすくご負担のないやり方をご提案させて頂きます。曲に関してはご希望を伺い、ご相談しながら進めていきます。

音楽高校・音楽大学受験コース

将来音楽の専門学校に進むためのコースです。
ピアノはより専門的なレッスンになります。ご本人、ご家族様のご希望をお聞きし、志望校や練習方針など決めていきます。
詳しくはご相談ください。
その他、副科ピアノや聴音、楽典、ソルフェージュなど、受験に必要な科目のレッスンも致します。(別途)

幼児教育のコース

<保育士さん、幼稚園教諭をめざしておられる方>
専門学校や大学を受験されるにあたって必要な科目のレッスンをさせて頂きます。 受験までに時間がある方には、将来必ず必要になるお歌の伴奏や、伴奏付けの基礎をお伝えします。
<保育士さん、幼稚園の先生をされている方>
現在園にお勤めで、現場で弾いておられる曲、伴奏が難しくて弾けなくて困っておられる曲、お遊戯会や発表会などでの音楽についてお困りの事など、ご相談しながら進めていきます。

グレードテスト受験・講師資格試験受験コース

<ヤマハ、カワイ等のグレードテストの受験を目指す方>
受験のために必要なピアノ課題曲、自由曲や和音付け、即興演奏の方法など、合格に必要な科目をレッスンします。
<講師資格を目指している方>
演奏グレードに加えて指導グレード合格のためのレッスンをします。

ママさんのためのコースNEW

お子さんと一緒にピアノを始めてみませんか?
一緒にピアノを習うことでお子さんの励みになりますし、「うまく弾けたよ!」「ここはどうすればうまくいく?」などなど、 共通の話題で親子の会話がますます楽しくなりますね。
時々、生徒さんのお母さまから「子供が練習しない」というお話を聞きます。 こういう時に、なぜ練習しないのか?という疑問に、お子さんと同じ目線で考えられるので、 練習しない、できない意味も分かりやすくなると思います。
一緒に練習するというのも解決法のひとつですね。



また、子どもさんはすでにピアノを習っておられ、ご自身はピアノの経験がない、もしくはあまり詳しくないお母さま。 お家での子供さんの練習にどのように関わればよいのか、 練習のさせ方は?譜読みを手伝ったほうが良い?そもそも楽譜が読めない!などなど、 そんなお悩みを持たれているお母さまも大歓迎です。 楽譜の読み方や音楽の基礎知識をお伝えし、お子さんが伸び伸びと 楽しんでピアノのお稽古ができるためのアドバイスをさせていただきます。

ページの上部へ